誰にも聞こえない声
誰にも言えない声


記事を削除して新たにリニューアル^^
「八色遊戯」改め「空言遊戯」でお送りいたします

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
バブル
 
全てがリセットされればいいのに
良いことも
悪いことも
悲しいことも
嬉しいことも
悔しいことも
全部 全部 リセットされればいいの

生まれたときからのリセットでも
昨日でも良いから
リセット

過ちがあるなら
そんなことはしないだろう

正しいことをしていても
過ちを起こすかも知れない

それでも
俺の人生が泡のように弾けて
割れて
消えてしまえばいいのに

そしたら
どんな人生を俺は送るのだろう
彼奴等にはまたあえるのかな
君を泣かす回数は減るかな?
それより、君や仲間にまた会えるのかな

ふくらむ想像
叶うことのない想像

くだらない事を考える思考回路も
泡のようにはじけて消えればいいのに
| 17:39 | 私的辞書 | comments(31) | trackbacks(0) |
泥団子
 
10年後なんて
想像もつかない
みんな、どこでなにをして
何を思って生きているのだろう
もしかしたら死んでいるかもしれないし
病気になっていたらどうしよう
そんな事は思いたくないけど
不安すぎる今日この頃。

何も要らないよ
偽善の言葉とか

ただ安全な毎日を送らせて

隣には君が居て
手を握れば温もりがある
そしていつかは子供を持って
孫の顔が見たいんだ

隣には君が居るけれど
下を見れば僕らの子供が居る
笑って3人で手を繋いで
家までの道のりをくだらない世間話をしよう

そんな未来が待っているのなら
今を耐えることが出来るんだ
だから、あとちょっと待っててよ
| 23:02 | 私的辞書 | comments(1) | trackbacks(0) |
非全力少年
 
全力を出さないのは怖いからだ
自分の限界を知ってしまうのが
全力をだして負けてしまうのが

だって、そしたらどうなるんだ?
これ以上努力をしても勝てないし敵わないし
強くだってなれないし、辛いだけだ
だったら努力はしないよ 俺は

大きな壁が有るって言うけど
いくら越えても、いつら壊してもでてくるなら
いくら進んだって終わりはないんだ
じゃあ、止まろうよ?
後ろを見てごらん
壊れた瓦礫しか残らない
それはそれは惨めだろ??
だったら横に歩こうよ、壁に反って歩こうよ
終わりはないかもしれないけど、疲れはしないよ

努力は天才をも越えることができる
だったら世界はどうなるよ??
みんな天才だらけだろ??
努力も才能の1つだって言ったて
それでそれは勝利した奴だけが言えるんだ
努力したって負ける奴は居るんだ
選ばれる数は決まっているから、余る奴は必ず居るんだ
努力して余ったら最悪だろ??

世界には善と悪がある
それと同じように「勝者」と「敗者」も有るんだ
それを忘れるな
勝者になるためには天才以上に努力をしなければならない
だけど「余り物」になる覚悟も必要だということも
脳裏の片隅に置いておけ!!

これは元全力少年からの忠告だ
Read more ...
| 23:09 | 私的辞書 | comments(0) | trackbacks(0) |
サンタ・願い・クリスマス
 
望みは何かと言わなくても分かります
君が欲しいのは『   』

それが欲しいのなら良い子にしましょ?


小さな頃に母に言われたその言葉
とっくにサンタの正体知ってます
だけど、1つ良いですか

私は良い子にしてました
だけど愛されませんでした
これは矛盾してます
私は『愛』が欲しかったのに
サンタに願ったのに叶いませんでした

幸せとは違います
『愛』が欲しいのです

ご飯食べれます
お小遣いもくれます
掃除もお風呂もしてくれます

だけど愛だけはくれません

馬鹿だから『愛』が何かは分かりません
だけど違う『愛』じゃなくて同じ『愛』が欲しいです
あの子がされているように同じ事がしたかったです
だけど僕はさせて貰えませんでした
何故だと尋ねれば嘘を言われました
『貴方が悪い子だからよ』
だそうです
けど、僕は良い子をしてきたつもりです
何が悪いのか分かりません
運動は出来なくても勉強はあの子より出来ます
お手伝いもします
沢山お母さんを褒めました
僕は精一杯お母さんを愛しました
だけどお母さんは『愛』をくれません
その 『愛』 は「あの子」が貰ってます
何故ですかサンタさん??
| 00:03 | 私的辞書 | comments(0) | trackbacks(0) |
嘘つき少女
 
胸を張って
意地を張って

自分を誤魔化す

何を言われても嫌じゃないとか
何をされても怖くないとか
そんなことはもう馴れたとか
言っていても所詮は

『ただの女の子』

なんだ

誰も居ないところで一人で泣いたよ
見つかったら面倒だし
みんなに迷惑かけるでしょ?
って言ってるけど
ただ単に意地を張って泣いてるところを見せたくないんだよ
本当はただの

『泣き虫』

ねぇ、誰か気付いてよ
この声に気付いてよ
この叫びが聞こえないの?

周りが怖いから嘘を言って場を誤魔化す
それでみんなが幸せなら私は犠牲になりましょう

気付かずに踏んでしまったシロツメクサ
泥にまみれて茎が折れ、花は潰され惨めな姿は
その姿は私に似ている
だけど私はシロツメクサのように再び立ち直って咲くことは出来ない
ただ倒れたまま助けを待つしか出来ない

『臆病者』

いくつもの鮮やかな嘘の言葉を吐いて
自分を誤魔化し傷つけて
他人を輝かせることしかできません
そんな『嘘つき』はボロボロです
大丈夫って言ってますけど、嘘つきなんだよ?
だから平気じゃありません
本当は倒れそうなんです
だけど、みんなには信じて貰えません
だって私は

『嘘つき少女』
Read more ...
| 23:51 | 私的辞書 | comments(0) | trackbacks(0) |
人生に一回の好機かもよ?
 
朝テレビ見たら占いは一位
朝食の目玉焼きは双子だった
髪の毛がいつもよりきまってる?
学校に着いたら知らない宿題
やってないと思っていたら先生は出張?
給食のデザートはアイスクリーム
しかもジャンケンで勝って2個ゲット
5時間目の昼寝が先生にばれなかった!?
シャーペン落としたら好きな子が拾ってくれた
俺、このシャーペン捨てないわ・・・・・
しかも6時間目の席替え隣に成れた

ちょ、俺ついてる?

っと思っていたら帰り道
彼女は彼氏が居ると友達から聞かされた
別に良いさ
もっといい女がいるだろ!?
今日の俺は付いてるんだ
ほら、あそこに可愛い女の子
ナンパしてみようか?



声を掛けたら殴られた☆
だめだ、やっぱ今日は普通の日だわ


Read more ...
| 10:35 | 私的辞書 | comments(0) | trackbacks(0) |
RUN
 
行くよ行くから
ミンナが待っているこの場所へ
ずっと我慢してたんだよ
寂しかったんだ
孤独と戦うしかできない暗闇から抜け出すんだ
a-aha-aha
友に笑えるなんて嘘だと思ってた自分が恥ずかしいよ
未来は変わる
たった一歩で世界は変わる
例えこの一歩で誰かが死ぬ運命になろうとも
私は自分の未来を選ぶだろう
人間は貪欲なんだよ
幸せに成れれば他はどうにでもなれ
ミンナそうだから俺もそうなんだ
だからミンナ許してくれよ
俺は走るよ
ミンナの場所へ
暖かい温もりと笑顔の場所へ帰るんだ

久々に出会った君たちは
背丈も伸びて髪も伸びて
昔出会った頃よりも
ほんの少しだけ変わっていた
だけど根は変わって無くて
ただただ暖かく迎え入れてくれた
走ってきた疲れも空高く消えてしまうほどに幸せだ
再会を唄おう
幸せの唄を 再び笑える幸せを
言葉に表すんだ

走ってきた疲れも空高く消えてしまった僕達は
再びミンナで走り出す
少し道は違うけど きっとミンナなら大丈夫さ
自分の色の未来を 自分の足で走り出す
来たときのような苦しみは かけらも感じられない
それはきっと 君が隣にいるからだ
隣じゃなくても隣にいるんだ 
離れていてもミンナ同じ
そうやって約束したから信じられる
再び笑顔で笑えるまで ずっとずっと全力で走り出せ
Read more ...
| 13:26 | 私的辞書 | comments(0) | trackbacks(0) |
マリオネットガール
 
平凡な世界
平凡な生活
平凡な友達

別に不満なんてないさ
幸せだよ
ちょっとの幸せにちょっとの不幸
丁度よいぐらいのバランスで世界は過ぎていく
毎日が楽しいし
お金にも困ってないし
別に物騒な事件だって周りじゃ起きてない
望めば適度な物は手に入る

あぁ素晴らしい世界
みんなそう言うだろう
争いのない、愛の溢れる世界

だけど、私はつまらない
本の中の人物みたいに同じ話の繰り返し
私も隣の人も変わらない
違うのは生い立ちぐらいなんだ
中身の奥は全部一緒のDNA
平和を望む平和主義者
平凡を愛し平凡に生きる

そうさ、みんな人形なのか
見えない『常識』に捕らわれて動けない人形
動いても動いてもそれは糸が更に絡むだけ
別にそれでも良い
ただ
ちょっとだけ逆らいたいんだ
糸を切って
常識と言う名の舞台を飛び出して
動き回りたいんだよ

Read more ...
| 18:54 | 私的辞書 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロボットと人形
 
君は人形
愛され癒し隣には誰か寄り添い
一人ではなかった
「お休みのキス」「いってきますの笑顔」「悲しいときに一緒居てあげる」
なに1つ出来ない、このカラダ
悲しくたって涙も出ない
そもそも心なんかあるのだろうか?

僕は君になりたい
ふわふわの髪 なめらかな肌 大きな目 微笑む唇
あぁ、欲しくてたまらない
有るか分からない心が欲しいと叫んでいる

僕は君になりたいのか?
僕は君の隣にいたいのか?
僕は君が好きなのかもしれない




貴方はロボット
動じず、いつも立っている
たまに子供に弄られるだけで、だれも気にも留めない
そこに居るのが当たり前
空気のような存在

羨ましい貴方が
何人もに触られ、弄られ、連れ去られ
貴方と同じで動けないのに
勝手にカラダを触られて
あぁ、気持ちが悪い

泣きたいのに泣けない
姿はヒトに似ているのにココロは有るはずがないのに
泣きたくて仕方がない
笑いたくないのに、笑っているこの顔が気味が悪い
いっそのこと無表情の貴方になれたら良いのに

私は貴方になりたい
私は貴方に触れたい(が知りたいから)
私は貴方が好きなのかしら?
Read more ...
| 21:35 | 私的辞書 | comments(0) | trackbacks(0) |
破壊
 
誰もが敵に見える世界は
苦しくて仕方がない
隣で笑い合う奴らも信じられないんだ
実は俺のこと嫌いだろ?って
つい口に出してしまいそうになる
勘違いだと願うのに信じられない
この手の温もり 笑顔 信頼 愛 心 
全部が偽物に見える

誰かこの凍り付いた心を溶かしてくれはしないだろうか?
それか、心を丸ごと壊してくれないだろうか?
何も考えられない人形にして欲しい
誰も信じられなくて逃げ回るよりかは
心が無くなった方がまだマシなんだ

偽りだらけの世界
嘘にまみれた言葉
表面だけの笑顔
全てが全てが作り物
誰のための嘘か知らないし
俺を守るための嘘かもしれないが
頼んだ覚えはないんだ
ほおっておいてくれ
関わらないでくれよ一人が良いんだ
心配したような顔で見ないでくれよ
どうせそれも嘘なんだろ
涙なんか見せ立っても
それは嘘の涙なんだろ

救世主は居ないのか?
人の心が分かれば良いのに
一人の世界が有ればいいのに

そんなの無理だから俺は今日も嘘の世界で嘘の笑顔で笑い合う
死ぬ勇気なんて無かった

| 10:33 | 私的辞書 | comments(0) | trackbacks(0) |